■奄美大島

蒲生崎観光公園にある蒲生崎公園展望台から見た景色|見どころや行き方を紹介

投稿日:

蒲生崎観光公園(がもうさき)は奄美大島北部の笠利町エリアにある森に囲まれた海岸沿いの公園です。

深い森の中を歩いた中腹に『蒲生神社』、そしてさらに奥に進むと『展望台』があります。

展望エリアは西側を向いており東シナ海や夕日が一望できるスポットで多くの観光客が訪れます。

この記事では主に蒲生崎公園展望から見た風景や行き方、特徴などをまとめています。

蒲生崎公園展望台から見た風景

蒲生崎公園展望台からは東シナ海が一望できるだけでなく『笠利湾』、『赤尾木湾』、そして『龍郷湾』が望めます。

■笠利湾と赤尾木湾

左側から『笠利湾』と『赤尾木湾』

■龍郷湾から東シナ海あたり

龍郷湾から東シナ海の風景

海抜120メートルの高さから眺める展望大からは遮るモノがなく東シナ海の地平線までよく見えます。

笠利側の海岸線

北側にある笠利海岸の風景です。海岸線が手前から奥まで続いています。展望台の周辺は森に囲まれており静かに景色を楽しむことができるでしょう。

蒲生崎公園展望台までの風景

駐車場から森の中の道を進んで展望台を目指します。

駐車場の風景

駐車場は30台以上が停められる広々としたスペースです。駐車場は隣接した2か所あり、下段に約20台、上段に10台くらいです。上段の駐車場に公衆トイレがあります。

入口の風景

駐車場から道路に出るとすぐに蒲生崎観光公園の入り口が見えてきます。少し不気味な入り口で奥には深い森が広がっています。

まっすぐの道

この道から小道の先に『蒲生神社』がありますが、分岐する道がかなり薄暗く人を寄せ付けない雰囲気です。あとで地元の人に聞いた話だと蒲生崎は地元では夜の心霊スポットとして有名だそうです。

薄暗い道を進む

入口からは遊歩道を進んでいきます。この道の頭上を見上げると大きな蜘蛛がたくさん巣を作っていました。後で調べたら『オオジョロウグモ』という沖縄や奄美大島に生息している日本最大の蜘蛛でした。

この通路の両サイドの木や頭上にはオオジョロウグモが大量発生しているのであまり林側に近づきすぎないようにしましょう。

セミ

この場所は蜘蛛だけでなく、蝶やセミも多くいました。色々と調べましたが『クロイワツクツク』『オオシマゼミ』のどちらかだとは思いますが、判別不明です。

蒲生崎展望台の風景

駐車場から歩いて5分ほどで『蒲生崎公園展望台』へ辿り着きます。展望台の見た目は砦のようなイメージです。この建物の上に登らないと景色を見ることが出来ません。

蒲生崎観光公園の説明書き

看板を読むと蒲生崎(がもうさき)の由縁がわかります。

まずこの公園は平成元年に造られました。この場所が壇ノ浦の戦いで敗れた平家の落人が奄美に流れ着き、追ってを警戒して遠見番として当時の門番をしていた蒲生左衛門の名前が由来となっています。

展望台は夕日を眺める有数のスポットで海抜120メートルから眺める東シナ海の景色が楽しめます。

蒲生崎公園駐車場までの道のり(奄美空港から)

奄美空港を通る『県道82号』を北上し、『県道601号』を左折してしばらく道なりに進んでいきます。

■県道601号から左折して農園の道路を進む

わかりにくいのですが県道601号を走っていると上の写真のような『⇦蒲生崎観光公園』と書かれた看板が見えてきますので左折します。ここから先は道が遅くなっているので慎重に進みましょう。

いくつか道を曲がりながら向かっていきますが曲がり角には蒲生崎公園に続く看板を頼りに進んでいきましょう。

突き当りがT字路に差し掛かったら右折して進んだ終着地点に『蒲生崎公園駐車場』があります。

蒲生崎公園展望台に行く前の事前知識とは?

蒲生崎公園展望台に観光に行く前に事前に知っておきたい内容を補足しておきます。

■見どころは蒲生崎公園の展望台から眺める風景

この場所の最大の見どころは展望台から眺める風景です。途中の蒲生神社は歴史が好きな方以外はそれほど魅力とならないでしょう。

■蒲生崎公園駐車場までの道のりは狭い

駐車場までの道は細く蛇行しているため、行くときは気を付けて向かいましょう。

■遊歩道は蜘蛛が多く生息している

遊歩道沿いには『オオジョロウグモ』がたくさん巣を作っています。この蜘蛛は国内最大級の大きさで見た目が気持ち悪いので見かけても素通りしていきましょう。

■駐車場にトイレがある

駐車場に公衆トイレがあります。

まとめ

蒲生崎観光公園展望台は奄美大島北部にある東シナ海が一望できます。奄美空港からも比較的行きやすい観光スポットです。

駐車場までの道路は少し細い道ですが、対向車に気を付けながらゆっくり進んでいきましょう。

海抜120メートルの展望台から見る景色は素晴らしく、東シナ海に沈む夕日が見れるサンセットスポットで有名です。

駐車場から展望台までは片道5分ほどの遊歩道で簡単に行くことができるでしょう。

奄美大島に観光で訪れたら『蒲生崎公園展望台』へ行ってみてください。

■蒲生崎観光公園展望台の情報

住所〒894-0626 鹿児島県奄美市笠利町大字屋仁 (Google Mapへ)
駐車場約30台
トイレ駐車場に公衆トイレあり
見所蒲生崎公園展望台から眺める東シナ海
HPhttps://www.amami-tourism.org/scenery/767/

■■関連記事紹介

このサイトについて

このサイトについて

-■奄美大島
-

Copyright© ニコカメラ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.