ブライスキャニオン国立公園

クイーンズガーデン&ナバホ・コンビネーショントレイルの魅力とは?風景や歩き方・事前知識のまとめ

投稿日:

ブライスキャニオン国立公園で一番人気のトレイル、それは『Queen’s Garden/Navajo Combination』のトレッキングです。

所要時間2時間半の約4.8㎞のトレッキングはとても充実感があり、このトレイルを歩くことでブライスキャニオンの概要を凝縮した体験ができます。

この記事では2022年4月24日にSunset Pointからリムトレイルを歩き、Sunrise PointからQueen’s Garden Trail、及びNavajo Loop Trailを経由してSunset Pointまでのトレイル風景、道のり、体験談や事前知識をまとめています。

クイーンズガーデン/ナバホ・コンビネーショントレイルについて

トレイル図

クイーンズガーデン&ナバホ・コンビネーショントレイルはブライスキャニオンの北部エリア、通称『Bryce Amphitheater 』にあるループトレイルです。

ループトレイルとは始点と終着地点が同じで円を一周するように歩くトレイルです。このループトレイルは1周4.6㎞の道のりで、上の図のような行程となります。

土柱の合間の谷を進み、峡谷の中を歩きながらブライスキャニオンの風景を全身で体験できるトレイルです。

■Queen’s Garden/Navajo Combination Trailの概要

トレイルの出発地点Sunrise PointまたはSunset Point
トレイルの難易度適度な難易度
トレイルの距離4.6㎞(出発地点からのループ)
標高差183m(往復で366m)
平均所要時間約2.5時間

この組み合わせのトレイルは国立公園の中で最も人気のトレイルで様々な風景を見ながら歩くことができます。

お勧めの出発地点のSunset PointからSunrise Pointまでのリム沿いに歩くトレイルからは壮大な土柱の風景を見ながら進み、Queen’s Garden Trailでは異なった土柱の開放的な風景を眺めながら深部へ進んでいきます。

Navajo Loop Trailに入ってからは松の木の遊歩道を進むと自生する植物や小動物の姿を捉え、終盤は切り立つ赤い壁『Wall Street』の迫力が待ち構えています。

まさにブライスキャニオンで体験したい内容のすべてがこのトレイルに凝縮しており、観光で訪れたら間違いなく行くべきおすすめの観光スポットです。

ナバホ・ループ・トレイルのみの記事も紹介しますので併せてご確認ください。

Sunset Pointから出発してQueen’s Garden Trailを歩く

Sunset Pointを出発地点に実際にトレイルを歩いた体験レビューをまとめました。2022年4月24日の午前中の記録です。

Sunset PointからSunrise Pointまで|距離0.8㎞

Sunrise Pointへ向かうリムトレイルの風景|出発から300m付近

Sunset PointからSunrise Pointまでのリム沿いの道です。片道0.8㎞は平坦な道のりで、土柱群の広がるパノラマを見ながら進んでいきます。

立ち止まって景色を楽しめる|出発から400m付近

リム沿いを歩いていると写真のようにベンチがあるので座って景色が見れるようになっています。時間に余裕があればゆっくり風景を楽しみましょう。

パノラマ風景

Sunrise Pointまでは上の写真のようなパノラマビューが常に見えます。よく見るとQueen’s Garden Trailが土柱の隙間から小さく見えています。

Sunrise PointからQueen’s Garden Trailの土柱エリアまで|距離1.4㎞

Sunrise Pointの横にあるトレイルヘッド|出発から800m付近

Sunrise Pointのすぐ横からQueen’s Garden Trailの始点となり、ここから緩やかな下り坂で進んでいきます。

緩やかに進むトレイル|出発からから840m付近

序盤のトレイルは緩やかな坂道で、ブライスキャニオンの風景がよく見えます。少し道を進むとリム側の光景やSunset Point側の風景がよく見えます。

浸食が進んだ土柱|出発から1.1㎞付近

数十メートル歩くたびに新たな土柱が目の前に現れ、とても楽しいトレイルです。このあたりのトレイルは土柱が密集したエリアの外側のリム沿いを歩いており、進行方向に対して右側を中心に土柱群がよく見えます。

複雑な形の土柱|出発から1.2㎞付近

この辺りは見晴らしが良いだけでなく、様々な形の土柱が間近で見れます。緩やかな坂道は、例え反対側から来る観光客が来ても十分に交差できる道幅があり、とても歩きやすくなっています。

蛇行して下る光景|出発から1.3㎞付近

Sunrise Pointから500メートル程進むと急に下り坂が見えてきます。一気に数十メートルを蛇行しながら下っていきます。

反対側からやってくる観光客が息を切らしながらすれ違い、「まだSunrise Pointまでしばらくあるよ」と伝えると、少しがっかりしていました。

このトレイルはSunrise側から向かう、つまり時計回りを進行方向に進むと、長い緩やかな下り坂を歩くことになるので体力的にも有利にトレイルを歩くことができます。

外側の光景|出発から1.4㎞付近

蛇行した道を下るとマーブル色の大地が地平線奥深くまで広がった光景が見えてきます。まるで別の惑星にいるかのような感じです。また、地平線に『ナバホ山』が見えます。

緩やかな道|出発から1.5㎞付近

ここまで来ると浸食が更に進んだブライスキャニオンの風景が見えてきます。土柱の浸食がさらに進むと砂丘のような大地になります。

この看板が見えたら右の道を進む|出発から1.6㎞付近

しばらく進むと看板が見えたら右の道を進みましょう。左側の道はしばらくすると馬に乗った専用トレイル『Horse Trail』へ続きます。

ここから先は土柱群の深部へ続く、Queen’s Gardenの中心部に入っていきます。

土柱群の端に沿ったトレイル:出発から1.7㎞付近

最初の分岐を右に進んだ先から土柱が密集したエリアを歩くことになります。道は急に細くなり、地形が複雑になる為、蛇行しながら土柱の合間を縫ったトレイルを進んでいきます。

土柱の壁が間近にあるので迫力がすごいです。歩くたびに目まぐるしく景色が移り変わります。

土柱を突き破るトレイル風景:出発から1.8㎞付近

トレイルの道中は3ヵ所ほど土柱を突き抜ける人工的に穴の開いた細いトンネルをくぐって進んでいきます。かなり狭いので反対側からやってくる観光客と譲り合いながら通り抜けましょう。

トンネルの天井はかなり低いので、頭上に気を付けて進みます。

今にも崩れそうな岩|出発から1.9㎞付近

土柱のトンネルをくぐると次のエリアが見えてきます。右側に巨大な岩の脇を通り抜けます。倒れてきそうな状況です。

2つ目のトンネル|出発から2㎞付近

さらに進むと2つ目のトンネルが見えてきます。トンネルは細く低いため頭を低くして通り抜けましょう。

ベビーキャリーを背負っていると子供の頭が天井にぶつかるので気を付けてください。

Queen’s Gardenの中心付近の光景|出発から2.1㎞付近

2つ目のトンネルを越えるとQueen’s Gardenの中心部の風景が見えてきます。この辺りは特に土柱の密度が高く、とてもカラフルな景色が広がっています。

長い時間をかけて浸食された大地がこうも見事な色合いになるものなのでしょうか。本当に不思議な光景です。

2つ目の分岐点|出発から2.2㎞付近

3つ目のトンネルを越えるとすぐに2つ目の分岐点が見えてきます。上の画像よりまっすぐに進むとQueen’s Gardenの中心部へ続きますが、100メートル程進むと袋小路になります。

Queen’s Garden Trailだけを歩く場合はこの先を終着地点の来た道を戻ります。

一方の看板の左方向に行くと、Navajo Loop Trailへと続き、Sunset Pointへ向かうことができます。

今回はNavajo Loop Trailを経由するため、案内看板を左に進みます。

Queen’s Garden Trail中盤からNavajo Loop Trailの分岐点までの風景|距離1.3㎞

ここからは松の木が自生するエリアをNavajo Loop Trailに接続するまでの風景を紹介していきます。

急に現れる松の木のトレイル風景|出発から2.3㎞付近

3つ目のトンネルを通り抜け看板を左に進むと今まで土柱しかなかった光景が一転し、松の木と岩に囲まれた道を進んでいきます。

道はまっすぐで少しずつ下っていきます。この辺りまで来ると松の木で日影が出来るため、体調に気を付けながら小まめに休憩や水分補給を心掛けてください。

Sunset Pointまでこの付近でようやく半分の距離となります。

Navajo Loop Trailまでもう少し|出発から3㎞付近

高低差の無い松の木の道を進んでいきますが、森林に囲まれているため、トレイルを横切るリスを見かけたり鳥の鳴き声もよく聞こえてきます。

この森林までは下り坂中心なので体力はまだ温存できているはずです。しかしここまでで一度も休憩をしていない場合はこのあたりで一旦休んでおきましょう。

遠くには土柱の岩壁が見える|出発から3.2㎞付近

更にしばらく進むとSunset Point側の土柱群が見えてきます。松の木も少しづつ少なくなってきます。

見えてきたNavajo Loop Trailの道|出発から3.4㎞付近

Queen’s Garden Trailを道なりに進むと最終的にNavajo Loop Trailへと繋がります。上の画像のように分岐に差し掛かったら左に曲がり『Wall Street』方面に向かいます。

冬季時期中はWall Street方面が封鎖しているのでこの分岐に差し掛かったら右側のNavajo Loop Trailへ進みSunset Pointを目指しましょう。

Navajo Loop Trail接続部分からWall Street経由でSunset Pointまで|距離1.1㎞

ここから先の道はほぼ上り坂となり、一番体力のいる終盤のトレイルとなります。

Sunset Pointに向かう道|出発から3.7㎞付近

Navajo Loop Trailに入ってからは上り坂となり、進むにつれて土柱の壁が近づいてきます。岩壁手前までは緩やかな坂道なので徐々に身体を慣らしておきましょう。このあたりで一度水分補給をして小休憩をしておくと良いでしょう。

近づくリスに警戒|出発から3.8㎞付近

松の木と土柱の境目となるこのエリアにはリスが大量にいます。休憩していると餌を求めて近づいてきますので、決して餌をあげず近づいてきても手を差し出さないように気を付けましょう。

Wall Street手前の道|出発から3.9㎞付近

さらに進むと上り坂がきつくなり、密集した土柱の中に入り込んでいきます。ごつごつとした巨大な砂岩の存在感に圧倒されます。

中央に立つ松の木|出発から4㎞付近

両サイドに切り立つ土柱の崖は30メートル以上の高さがあり、間に松の木がまっすぐ立っています。

極度に細くなった場所|出発から4.05㎞付近

ブライスキャニオンは常に浸食し続けているため、両サイドの土柱の一部が崩落しています。

また、雨が降ると土柱の合間に鉄砲水が流れ込み浸食が加速されます。久しぶりに訪れたら階段で一部の道が修復されていました。

Wall Streetの風景|出発から4.05㎞付近
Wall Streetの風景②|出発から4.05㎞付近

Wall StreetはNavajo Loop Trailで一番有名な観光名所です。今にも崩れそうな壁、というかむしろ砂岩が崩れて堆積しています。

最後の上り坂付近|出発から4.1㎞付近

ここから約500mほど勾配のキツイ上り坂となり、かなりの体力が必要です。態勢を整えて足場を確認しながら進みましょう。

勾配を見下ろした風景|出発から4.4㎞付近

勾配がとてもキツイので何度も蛇行しながら登っていきます。まるで登山のようです。

息を切らしながら何度も蛇行しながら登っていきますが、常に足元を見ながら歩くのでどのくらい登ったかわからなくなります。上の写真は登った道の中腹から後ろを振り返って撮った写真ですが、Wall Streetの圧倒的な風景を目の当たりにします。

ここまで来たらあとは頂上にあるSunset Pointまで残りわずかです。

これらが全長4.6㎞のSunset Pointから開始のトレイルの全貌です。

トレイルを歩く前に知っておきたい事前知識まとめ

トレイルを実際に歩いた体験から事前知識をまとめました。

■Queen’s Garden / Navajo Loop Combinationは時計回りがお勧め

トレイルはSunrise Point側から進む『時計回り』がお勧めです。理由は大きく分けて二つあります。

一つ目の理由: 『景色がよく見渡せる』- Sunrise Pointからの道のりは緩やかな下り坂で景色がよく見えます。一方の反時計回りからアプローチする場合は長い道のりの坂道をひたすら登ることになるのでかなり疲れます。

2つ目の理由: 『歩きやすい』- 下り坂の角度がNavajo LoopよりQueen’s Gardenの方が緩やかなので歩きやすいことです。トレイルの怪我の一番の要因は坂道を下っている時に足元が滑り骨折や捻挫が多いです。

■コンビネーションのループトレイルを行う場合は駐車場は必ずSunset Point側に停めること

Sunrise Point側に駐車スペースは意外と離れており、Sunset Point側の駐車場は距離が短いです。

そのため、出発地点はSunset Point側に車を停めてSunset Pointをトレイルの出発地点として歩くことを勧めます。

■トレッキングポールがあると便利

必須アイテムではありませんでしたが、トレッキングポールがあると下り坂や登り坂で足や腰の負担が大幅に軽減されます。

私はこの時体重12㎏の2歳半の子供をベビーキャリーに背負ってトレイルをしましたが、トレッキングポールのおかげでだいぶ楽でした。

子供を背負っていなくても有るのと無いのとでは疲れ度合いが異なります。

■ボトル水の適量について

4月中旬でも気温は25度近くとなり、乾燥地帯のため熱中症や脱水症状に気を付けなければなりません。過去に夏に訪れたことがありましたが季節によって以下の水の量が必要です。

時期一人当たりの水の量
秋から冬の時期(10月~4月)500ml(ボトル1本)
春先の時期(5月)1,000ml(ボトル2本)
夏の時期(6月-9月)1,500ml-2,000ml(ボトル4本)

■熱中症対策に必要なこと

  • トレイルは朝から午前中がお勧め
  • 首に直射日光が当たらない帽子

まとめ

ブライスキャニオン国立公園で最も有名なコンビネーショントレイルの『Queen’s Garden/Navajo Combination』は所要時間2.5時間~3時間ほどで回れ、目の前で見える土柱の風景や壮大な景色など、このトレイル1本でブライスキャニオンを凝縮した体験ができます。

このトレイルを歩く場合は時計回りで歩くことで、景色がよく見え緩やかな下り坂により身体の負担が少なくできます。

ループトレイルなので、最初から最後まで異なる風景を楽しみながら出発地点に戻ることが出来るので飽きずに回ることができる点がこのトレイルの魅力的なポイントです。

このサイトについて

このサイトについて

-ブライスキャニオン国立公園
-,

Copyright© ニコカメラ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.