#08 宿泊体験レビュー

【リピート続出の謎に迫る】記憶に残る宿泊施設、「山本小屋ふる里館」の魅力を徹底解説!

更新日:

こんにちは、ニコカメラです。長野県の美ヶ原高原にある宿泊施設「山本小屋ふる里館」に宿泊しました。この宿泊施設で体験したすべてが素晴らしく、一度宿泊するとまた泊まりに行きたいと思うようになります。リピート率で定評な「山本小屋ふる里館」の魅力を徹底的に紹介していきます。

山本小屋ふる里館とは?

標高2,000メートルの美ヶ原高原にある、大自然の中に佇む宿泊施設です。山本小屋の見た目は質素な佇まいで、悪く言えば古い山荘というイメージですが、最初に訪れる宿泊客はまずその見た目に完全に騙されます。しかし、宿泊をする前と、した後では山本小屋のイメージが180度変わることでしょう。

山本小屋ふる里館まで

山本小屋ふる里館へ行くには2つの方法があります。一つは車で自力で行く方法と、もう一つは送迎バスです。

■冬季の場合(12月11日~3月21日まで)

冬季は路面凍結と雪のため、山本小屋へは送迎バスで向かうことができます。車でお越しの場合、美ヶ原高原の麓にある長和町(ながわまち)の「和田宿ステーション」にある無料駐車場に車を停め、15時出発の無料送迎バスで山本小屋へと向かいます。

無料の送迎バス

冬季でも車で山本小屋まで行けますが、『スタッドレスタイヤを履いた4WD』が条件となります。山本小屋までは勾配のあるキツイ蛇行道を登っていくため、運転に慣れている方でも過信は禁物です。冬季の場合は無料の送迎バスを使いましょう。

私の場合、2021年3月20日の冬季でしたが、気温が高く路面も凍結していなかったため、スタッドレスを履いたステップワゴンで行くことができました。山本小屋に連絡をしたら、当日は路面の凍結もなく自力で行けそうだと、道路状況を教えていただきましたので当日は安心して車で行くことができました。

冬季で直前まで車で行こうか送迎バスを使おうか迷っている場合、一度山本小屋に連絡してみてください。私の場合、当日の11時前までに山本小屋に連絡をすれば送迎バスを利用できる旨、教えていただきました。

■通常のシーズンの場合(4月25日~11月20日まで)

ほとんどの場合は車で行くことが多いですが、下記オフィシャルオームページより詳しい交通案内を参照してください。

☆☆山本小屋までの交通案内☆☆

山本小屋ふる里館を紹介

実際に宿泊した体験を基に、レビューも踏まえて山本小屋の魅力を紹介します。

到着からチェックインまで

山本小屋の駐車場は広く、宿泊客以外の観光客も停められるほどのスペースがあります。

山本小屋手前の駐車場は見晴らしの良い風景が広がっており、晴れていれば上の写真のように蓼科山とその他の八ヶ岳連峰が見えます。

この日は強風と雨でした。小さい子供がいたのでエントランス付近まで車寄せをすると、すぐに山本小屋のスタッフの方が荷物の搬出を手伝ってくれました。服やバックが濡れてしまいましたが、タオルを用意いただき、助かりました。

スタッフの元気な挨拶とお出迎えのホスピタリティー精神がとても心地良かったです。今回で3回目のリピートですが、山本小屋の最大の魅力は活き活きとしたスタッフのおもてなし精神です。どのスタッフも人当たりが良く接客の鏡です。

客室の紹介

大人4人と幼児1名の5人利用で宿泊となりました。

扉を入ってすぐにシングルベッドが2つあります。ベッドサイドには電源があります。

畳の間にはコタツと冷蔵庫、そしてクローゼットがあります。コタツを端に寄せ、畳の間に布団を3枚敷くことができます。

クローゼットの中にはバスタオル、フェイスタオル、ドライヤー、そして浴衣が人数分入っています。

畳の部屋にはミニ冷蔵庫とポット、冷たいお茶がありました。引き出しの中にはグラスが入ってます。

冷蔵庫の中に「自家製チーズケーキ」が入ってます。夜の食事はかなりのボリュームがあり、夜食に食べようと思っているとお腹いっぱいになり、余裕がないと思いますので、チェックインしたら夕食前に食べてしまった方が良いです。チーズケーキは一口サイズでとても美味しかったです。

部屋の鍵は普通の鍵です。部屋を出る際は鍵をしっかりしめたか確認しましょう。

散策を兼ねた館内施設紹介

お部屋にチェックインして夕食時間の18:00まで2時間ほどあったので、宿泊施設を探検しました。

■山本小屋は3階建て

入口エントランスと売店、そしてダイニングエリアは2階となり、1階に客室と大浴場があります。3階には客室、貸切風呂、喫煙所、そしてコーヒーマシンコーナーがあります。

1階エリアは大浴場がある

自動販売機があります。種類は少な目です。売店に行けばもう少し種類があります。

■大浴場は木のぬくもり溢れる内装

脱衣所は比較的広くて使いやすい。

入口付近にスリッパ用の下駄箱と自分が履いたスリッパの区別を付けるクリップが置いてありました。コロナ禍のためアルコールスプレーもありました。

脱衣所に冷たいお茶があり、風呂上りの水分補給に最適です。「えんめい茶」というお茶でクセは無く、すっきり飲むことができました。

洗い場は区分けされており、タイルは綺麗で水はけが良い印象でした。シャンプー、コンディショナー、そしてボディーシャンプーの3点セットです。洗顔フォームが無いので必要な方は持参してください。シャワーはレバーで出しっぱなしにできるのでストレスなく使用できます。

湯舟は浅すぎず深すぎずといった具合で、湯船に浸かると水面は方の高さほどの位置でした。お湯の温度はちょっと熱めで感覚的には42度ほどの温度でした。お子様連れの場合は長湯は難しそうです。左側から熱いお湯が出てくるので、ぬるめに入りたい場合は離れた右側がお勧めです。

客室にお風呂が無いため、大浴場は24時間入ることができます。

脱衣所の奥にはマッサージチェアが2台あります。なかなかのフル機能で旅の疲れを癒してくれます。

2階エリアはエントランスから売店、レストランがある

■入口付近の待合場所

入口入って右側に待合スペースがあります。15時からのチェックインは入館が少し混むため、このスペースで待機できます。周辺の観光案内が置いてあるので観光情報をゲットしましょう。

フロントの風景です。玄関正面にはスタッフが待ち構えており、手荷物の補助をしてくれます。フロントからは靴を脱ぎ、スリッパに履き替えます。靴はスタッフの方が下駄箱へ入れてくれました。

■売店売り場付近(食事スペース、キッズルームなど)

売店の風景です。地元のお土産やドリンクやアルコール類を購入することができます。美ヶ原高原特産のコケモモのジャムやジュースは珍しいお土産になること間違いなし。

セルフのコーヒーマシンがあります。1杯200円です。しかし3階に行けば無料のコーヒーマシンがあります。

食事ができるスペースがあります。冬季は営業していないこともありますが、朝にはこの場所で餅つきや夜はアクティビティーを行うスペースにもなっています。

食堂の横にキッズルームがあります。本やぬいぐるみ、DVDがあります。

食事スペースは広く、窓から美ヶ原の光景を見ることができます。

3階は無料のコーヒーマシンとリビングエリアがある

■無料のコーヒーマシンと喫煙所

3階(最上階)にはリビングスペースがあり、省スペースですが休憩ができます。

無料のコーヒーマシンがあります。ホットコーヒー、カフェ・オレ、カフェ・モカ、ココアの4種類です。お部屋に持ち帰って飲むこともできます。お部屋にある自家製チーズケーキと一緒にいただくと良いでしょう。

リビング反対側には個室になった喫煙所があります。

山本小屋の魅力①:夕食と朝食はボリューム満点!食べきれないほど

山本小屋ふるさと館の食事はとにかくボリュームがあります。夕食はヤマメや信州牛の溶岩焼きなどの会席料理で、朝食はパンやピザが出てくるちょっと変わった内容となっております。山本小屋のある美ヶ原高原は近くに食事処やコンビニが一切ないため、小腹が空いても買い出しができません。そのため、食事はボリュームが多いのが特徴です。

川魚の塩焼きや信州牛の溶岩焼きなど、地元の食材を取り入れた会席料理を楽しむ

前菜は信州サーモンやチマキ、カモ肉やお吸い物など様々な味を楽しむことができます。

特におすすめが「岩魚の塩焼き」です。山本小屋で養殖している岩魚を塩焼きで召し上がります。頭から尻尾まで全て食べることができます。骨がありますのでゆっくり噛んで食べてください。

ダイニングエリア手前では岩魚が串焼きにされており、火が通ったら頂くことができます。

お肉料理の信州牛の溶岩焼です。

溶岩を平らにした焼き石の上で信州牛を焼きます。その他、色とりどりの旬の食材を使った料理を楽しむことができます。

朝食はピザが出てくるボリューム満点の朝食

朝食はサラダ、季節のフルーツ、地元の牛乳、ヨーグルト、ベーコンと目玉焼き、コーヒーまたは紅茶がついております。その他以外にもインパクトのある料理がやってきます。

朝からピザがでてきます。後述の朝のツアーでかなりお腹が空いた状態での朝食で、焼き立てのピザは格別です。アツアツのうちに食べましょう。しかもピザはおかわりができます。

ピザ以外にもバスケット一杯のパンが出てきますが、全部食べることが難しいほど大量にきます。おかわりができますが食べきれないのでパンやピザはビニール袋に入れて持ち帰ることができます。皆完食できず持ち帰っていました。

とにかく山本小屋ふるさと館の食事はボリューム満点でとても印象に残ります。それも山本小屋の魅力です。

山本小屋の魅力②:体験型のアクティビティー

山本小屋ふるさと館は宿泊客を楽しませるアクティビティーが豊富で、宿泊客のリピート率が高い大きな理由になっています。

夜は星空ツアー:標高2,000メートルから見える満天の星空

標高2,000メートルに位置する山本小屋では満天の星空を見ることができます。マイクロバスに乗り込み、美ヶ原高原のシンボル「美しの塔」付近で星空観測を行います。途中で野生のシカに遭遇することもあり暗闇の中を未舗装で進むためバスが揺れますが、それも暗闇の中で進むため非常にエキサイティングなアトラクションです。

美ヶ原高原は夜間は霧や雲に覆われやすい場所で、年間通しての晴天率は悪いです。星が比較的見えやすい時期は11月~5月上旬頃までとなります。

3月や5月に何度か訪れておりますが、いつも天候が悪く、ようやく山本小屋の駐車場エリアで星空を見ることができました。ツアーは山本小屋の社長がドライバーとなって宿泊客を楽しませくれます。天気が悪くても持ち前の明るさで楽しませてくれるので、そこも山本小屋の魅力かと思います。

冬季は雪上車に乗って雲海ツアー/夏季は早朝絶景ツアー

冬場は雪に覆われる美ヶ原高原を最大限楽しめる「雪上車ツアー」を開催しています。時期によって時間は定まっておりませんが、早朝6:30前後に開催しております。ホテル手前から雪上に乗り込み、「美しの塔」そして美ヶ原高原の頂上である「王ヶ頭」までの往復ツアーを楽しむことができます。

こんな感じの雪上車に乗り込んで美ヶ原を駆け抜けていきます。

中に10名、助手席に1名までの乗車人数です。車内は天井が低いため、腰を曲げて乗り込みます。

キャタピラの振動を感じながら王ヶ頭へ続く道をひたすら進んでいきます。

王ヶ頭の風景(5月頃)

朝の雪上車ツアーは往復で1時間ほどの工程となります。チェックイン時間の15時以降に館内放送で「雪上車体験ツアー」の予約受付開始が流れます。予約は早い者勝ちとなりますが、慌てず2階フロントデスクに向かい、予約を済ませましょう。

冬季以外はマイクロバスに乗って向かう「早朝絶景ツアー」になります。

山本小屋に宿泊して良かったポイント

山本小屋に宿泊してよかったなと思ったポイントがあったので、いくつか紹介します。

■24時間入れるお風呂

山本小屋の大浴場は24時間入ることができます。お部屋にお風呂が無いのでいつでも利用できるようになっております。また、脱衣所奥にあるマッサージチェアがあるので夜間もゆっくり使うことができました。

■無料のアクティビティーが豊富

山本小屋は美ヶ原の自然を満喫できるように無料の体験ツアーが豊富です。星空ツアー、朝の雲海ツアー、雪上車乗車体験ツアー、室内での餅つき大会やガラガラポンの景品など、とにかく宿泊客が楽しんでもらえるような魅力あるアクティビティーが盛りだくさんです。山本小屋は連泊不可ですが、1日だけで相当な内容の詰まった宿泊体験となることでしょう。

■夜食を用意してくれる

山本小屋周辺は食事処が一切ないので、夕食後に夜食としておにぎりをお部屋に持ち帰ることができます。また焼き芋もフロントデスクに作り置きをしてくれております。夕食でだいぶお腹いっぱいになりますが、小腹が空いた人にはありがたく感じます。

■小さい子供の食事も用意してもらえる

幼児程度の年齢の場合、ふりかけ付きのごはんや牛乳、フルーツジュースやスープなどを無料で用意してくれました。また食事中に子供が退屈しないように塗り絵と色鉛筆、または絵本を持ってきてくれたため、1歳半の子供と一緒に宿泊しましたが、食事中はある程度ゆっくりできました。

■無料のコーヒーが飲める

無料のコーヒーマシンがあり、いつでも飲めるのはありがたかったです。コーヒー、カフェオレ、カフェモカ、ココアの4種類もあり、夜中に星を見て体が冷えた時に飲みましたが自由に飲めるのは良かったです。

■冬場はどの場所も暖かい

冬から春先は氷点下になりますが、エントランスからリラクゼーションエリアまで各施設には石油ストーブが点在しており、寒さを感じることなく快適に過ごすことができました。

■スタッフがみんな親切

とにかくスタッフの人当たりが良くて皆フレンドリーです。滞在中は食事のサービスから帰りまでスタッフの活気にあふれており、勢いがあります。皆自主的に行動しており心地よく滞在できるように取り計らってくれます。山本小屋をリピートする最大の理由です。

惜しい部分

公平な立場で惜しいポイントもお伝えします。

■お部屋の壁が薄い

山本小屋の客室は壁が少し薄く隣の部屋の音が聞こえます。家族利用も多く、生活音が聞こえるレベルです。宿泊を検討している方はその点は大目に見てください。なんたって山小屋なので。

■大浴場は温泉ではありません

大浴場は温泉ではないので、温泉を求めている場合は少し物足りないかと思います。

山本小屋周辺エリアの景色

美ヶ原高原は標高2,000メートルの高原に美しい景色が広がっております。

■美しの塔周辺の牧場風景

美ヶ原高原の春から夏は牧草と青い空の風景が魅力的です。美ヶ原高原は標標高差の無いテーブルのような大地が特徴的でとても見晴らしが良いです。チェックイン前やチェックアウト後に散歩感覚で行くことができます。放牧された牛たちがおり、のどかな牧草風景を楽しむことができます。

■王ヶ頭周辺の風景

王ヶ頭は美ヶ原高原の西側エリアで山本小屋から歩いて40分(片道3km)ほどの場所にあり、晴れていれば松本市が見えます。

王ヶ頭からのパノラマビュー

■牛伏山からのアルプスの風景

牛伏山へ向かう道中の風景

山本小屋の駐車場から「牛伏山」へ続く道があり、5分ほど登ったところに展望台エリアがあります。

この場所は360度のパノラマが楽しめます。南に八ヶ岳と南アルプス山脈、北西に北アルプス、北東に浅間山など、美ヶ原高原は長野の中心にあり主要な山々を見ることができます。

山本小屋ふる里館滞在に伴う事前知識

■予約は早めに(人気の時期がある)

予約は6カ月前の最初の1日からその月の月末まで予約が可能となります。10月1日から31日までの予約は6か月前の4月1日から解禁となります。人気の宿泊施設のため、週末はすぐに予約が無くなってしまいます。できる限り早めに予定を立てましょう。

■防寒着を貸してくれる

美ヶ原高原は夏場でも夜は冷えます。美ヶ原高原は夜のアクティビティーがありますが、防寒着(防止、ロングコート、ブーツ、手袋など)を無料で貸してくれます。

■天気が変わりやすく、晴れの日が少ない

美ヶ原高原の晴天率は低いです。特に夏場の5月から10月頃までは谷から上がってくる空気によって霧や雲が発生しやすくなります。11月から4月ごろは年間通して比較的晴れる日が多いです。

まとめ

山本小屋ふる里館は美ヶ原高原の自然を満喫できる、宿泊して楽しい施設です。この宿泊施設で他にはない3つの魅力があります。

  • スタッフがとても親切
  • 食事のボリュームがある
  • 美ヶ原高原の自然が楽しめる無料のアクティビティーが豊富

宿泊客はアットホームで高級志向を飾らない素のサービスとおもてなしが心地よく、一度宿泊するとまた行きたくなります。山本小屋での体験で口コミで広がり、今では年間通して予約が取りにくい状況ですので、予定が決まったらすぐにお部屋を予約しましょう。是非山本小屋での滞在を楽しんでみてください。

このサイトについて

このサイトについて

-#08 宿泊体験レビュー
-,

Copyright© ニコカメラ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.