アーチーズ国立公園

アーチーズ国立公園|ザ・ウィンドウズと呼ばれるアーチがまとまったエリア

更新日:

アーチーズ国立公園の中部に様々なアーチや奇怪な形をした砂岩が多く点在しているのですが、このエリアは『ザ・ウィンドウズ - The Windows』と呼ばれています。

それぞれのビューポイントをぐるっと回れるようにトレイルが巡回されていて、様々な角度からザ・ウィンドウズの風景が楽しめるエリアになっています。

まるで違う惑星に居るかのような風景が特徴的なザ・ウィンドウズは、アーチーズ国立公園で必ず訪れる有名なスポットです。

この記事ではウィンドウズの概要、歩き方、各アーチの風景、駐車場、トイレ、知っておきたい事前知識をまとめています。

ザ・ウィンドウズ(The Windows)とは?

アーチーズ国立公園の中部エリアにある砂岩の群衆地帯で比較的大きめのアーチがこのエリアに集中しています。

それぞれのアーチの奥には大きく青空が見えることから窓=Windowsと名付けられました。

お互いに200メートルの範囲内にある『North Window Arch』『South Window Arch』、そして『Turret Arch』などの代表的なアーチは、それぞれを行き来しながらトレイルを歩くことができます。

一方、アーチの風景だけでなく、赤茶けた砂岩と大地、そして空とのコントラストの光景が美しく、歩きながら様々なフォトジェニックなスポットを回れるのも魅力と言えるでしょう。

また、道路の反対側にアーチが2つに分かれた『ダブル・アーチ』というスポットもあり、必ずセットで訪れます。

■ウィンドウズのトレイルとアーチの位置について

図①: ウィンドウズのトレイルとアーチの相関図

ウィンドウズ・トレイルヘッドはアーチの外側もアプローチするループトレイルになっていますが、アーチの内側を回るループトレイルが見どころです。

図①の赤い点線部分のトレイルを中心に回ると往復で約1.3㎞の1時間ほどの所要時間となります。

時間が経つ感覚がわからなくなるほど楽しい場所です。

入口付近のトレイル風景

トレイルは坂道や階段で多少の上り下りがありますが、しっかりと整備されていて歩きやすく、ほとんど疲れることは無いでしょう。

ウィンドウズで見られるアーチや風景を紹介

ウィンドウズにあるアーチ巡りは1時間ほどで回ることができます。

■Seagull Arch (シーガル・アーチ)

シーガル・アーチ

トレイルヘッドから歩いて間もなく、左側の砂岩の壁に小さな穴が見えてきますが、一応アーチです。

穴がカモメのくちばしのような形をしていることからSeabull (カモメ)Archと名付けられています。

周辺の砂岩の壁も浸食がだいぶ進行していて、右側付近の砂岩の壁は今後の浸食で穴が空き、将来新たなアーチができると言われています。

■North Window Arch(ノース・ウィンドウ・アーチ)

ノース・ウィンドウ・アーチ

巨大な砂岩の壁に空いた大きな穴が『ノース・ウィンドウ・アーチ』です。駐車場からもその光景が見えますが、近づくとその大きさに驚きます。

上の写真を見るとアーチの真下に観光客が映っており、かなりの大きさだとわかるでしょう。

近づいたノース・ウィンドウ・アーチの風景

観光客は歩いてアーチの真下までいくことができます。

真下でアーチの奥の風景を眺めたり、アーチを背景に人物撮影などができます。

強大な空洞の奥は青空が広がっており、まさに窓の外に映る空を眺めているようです。

■South Window Arch(サウス・ウィンドウ・アーチ)

サウス・ウィンドウ・アーチの風景

ノース・ウィンドウの横に並ぶ形で『サウス・ウィンドウ・アーチ』があります。

見た目はノースと同じ大きさと雰囲気ですが、地面がノースのアーチより10メートル以上も低い場所にある為、観光客がアーチの真下に近づくことが叶いません。

ノースとサウスの両方が見える

少し離れた場所から眺めると両方のウィンドウが眺められます。この二つの穴を「鼻の穴」にちなんで『Nose Bridge - 鼻の橋』とも呼ばれています。

■Turret Arch(タレット・アーチ)

Turret Archの風景

Turret Archはとても不思議な形をした砂岩のアーチで、突き出た岩が小塔のようなことからTurret(小塔)と名付けられています。

正面から見たタレット・アーチ

少し勾配がきついですが、タレット・アーチも真下まで行くことができます。

方角的に南側を向いているため、昼間は太陽の光で逆光になりやすいです。

ウィンドウズ・トレイル内で見える風景

ウィンドウズ・トレイルはアーチ以外にも素晴らしい光景が広がっています。

■奥まで広がるアーチーズの光景

奥まで広がるアーチーズの光景

浸食が進んだ石柱のような姿になった砂岩がアーチーズ国立公園内に点在しています。ウィンドウズのトレイルは他より少し丘高くなっているため、遠くの景色が綺麗に見えます。

■フォトジェニックな枯れ木

枯れた松の木

トレイル以外の場所はセージや枯れた松の木があります。

特に松の木はとても雰囲気のある形をしているので砂岩の大地との風景によく溶け込んでいます。

ウィンドウズ・トレイルを歩く上で知っておきたい事前知識とは?

過去に3回ほど訪れていますが、知っておきたい事前知識をまとめました。

■駐車スペースとトイレについて

駐車場にあるトイレの風景

駐車場は約50台ほどのスペースがあり、トレイルヘッド付近にトイレの個室が4つあります。

性別関係なく利用できるようになっています。

■トレイルに必要な装備とは?

基本的にはトレッキングシューズがあれば十分です。

その他にボトル水、サングラスや帽子は準備して臨みましょう。

■トレイルの難易度は?

トレイルの難易度は『簡単』です。

トレイルの半分はアップダウンのある階段で構成されていますが、階段は比較的緩やかで体の負担をあまり感じません。

景色を見ながら自分のペースで歩くため階段の上り下りはそれほど体力の消耗を感じさせないでしょう。

■お勧めの時間帯は昼間

アーチと青空の景色が良い昼間の時間帯がお勧めです。

夕日の時間帯もアーチが夕日で照らされるためお勧めの時間帯です。

■国立公園ゲートからの距離と時間

国立公園のゲートからは車で約22分の12マイルの距離で、アーチーズ・ナショナル・パーク・ロードを進み、ザ・ウィンドウズ・ロードの終着地点にあります。

まとめ|壮大なアーチーズの風景が楽しめるスポット

アーチーズ国立公園の中部エリアにある『ザ・ウィンドウズ』は短いトレイルにも関わらず、壮大なアーチが3カ所もあります。

トレイルは階段の上り下りがありますが全体的に緩やかで体の負担が少なく、約1時間ほどで回れます。

それぞれのアーチには目の前またはアーチの真下まで行くことができ、間近で見る大きなアーチはとても迫力があることでしょう。

アーチだででなくその周りの景色も美しく、青空が広がる日中に行くことをお勧めします。

隣にあるダブル・アーチとセットで訪れる有名な観光スポットなので是非立ち寄ってみましょう。

■ザ・ウィンドウズの情報

場所https://goo.gl/maps/YmuaEa1worfTjbDu7
トレイルの所要時間約1時間
トレイルの難易度簡単
駐車場の数約50台
トイレあり:4つ
見どころノース/サウス・ウィンドウ・アーチ、タレット・アーチ

■■関連記事紹介

このサイトについて

このサイトについて

-アーチーズ国立公園
-

Copyright© ニコカメラ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.