#07 風景・写真 - Photo

西新宿の夜景

更新日:

2020年4月7日のコロナ禍で最初の緊急事態宣言が発令され、街から忽然と人々が消えました。5月2日の夜に自転車で西新宿へ行き夜の風景を記録しました。人が全くいない新宿の夜は貴重でもう二度と見ることができない風景でしょう。まさに別世界です。

ゴールデンウィーク中(5月2日)に西新宿で夜景撮影

コロナで自粛が続く中、深夜に夜景撮影とサイクリングで西新宿を訪れました。普段は人であふれかえっている新宿が、コロナの影響で人が全くいません。街は存在しているのに人が全くいない新宿にとても違和感を覚えました。

新宿ヒルトン周辺

ヒルトン東京前

コロナの影響でホテルの稼働率は激減しています。深夜の2時頃はいえ、これだけしか部屋の電気がついていませんでした。最初の緊急事態宣言中の人々の意識はとても高く、人流が少ないことが良くわかります。

車が一切通らないため、信号の意味もなし

街の遊歩道は誰も歩いていませんでした。当然車も走っていません。道路の広さが際立っていました。車は走っていない、人は横断していない。それでも信号機だけはいつもと同じように稼働していました。誰も交差点を渡らず、車も走っていないにもかかわらず。

北通りと東通りの交差点

LOVEオブジェクトがある交差点

道路には一切車がいないため、とても広く感じました。この場所に小型飛行機やヘリが着陸できそうな感じです。

都庁周辺

都庁の通り

都庁の通りには数少ない役人を待っているタクシーが数台停車しているくらいでした。完全にゴーストタウン化している新宿です。街灯がしっかりと左右対称になっています。

オフィス街がある高層ビルは灯りがついておらず、無機物な佇まいです。

都庁の裏手の公園入口付近の風景です。こうしてみると都庁の建物は結構しっかりした構造になっているだと改めて思いました。また、都庁の裏手の公園に続く入口付近にこのようなオブジェがあるとは思いませんでした。

東側の都庁

東側の都庁
正面から見た東側の都庁
都庁第一本庁舎
都庁第一本庁舎の全体像

誰もいない都庁は圧巻でした。ビルの重厚感と静まり返った夜の風景がゲームに出てくるような感じです。FF7リメイクに出てくるミッドガルのような感じでした。

新宿中央公園付近

そのまま裏手の新宿中央公園を散策しました。初めて訪れましたがしっかりと整備された公園でした。確か数年前にデング熱が発生したスポットのあの公園です。しかし誰もいない深夜の公園は結構怖い。

新宿中央公園から再び都庁の方向に進むと細長い連絡通路があり、そこで何枚か撮りました。誰もいない新宿は怖いくらい静かです。完全に停止しており車の音どころか鳥の鳴き声も聞こえず、カメラのシャッター音が大きく聞こえる状況でした。

新宿西口付近

新宿西口

新宿西口エリアのロータリーに向かいました。ビルの広告や街灯はすべて消えており、廃墟みたいでした。

新宿東口エリア

アルタ前

アルタ前付近の風景。普段なら深夜でも人通りが激しい状況にもかかわらず、この静けさ。

アルタ前から歌舞伎町へ続く道。客引きしている人もおらずもぬけの殻です。

歌舞伎町入口

歌舞伎町付近はさすがに少しだけ、人がいましたががこんな静かな歌舞伎町は珍しいです。

思い出横丁

再び西新宿エリアに向かう途中に居酒屋が軒並みそろえている「思い出横丁」がありますが、静まり返っておりました。

改めて、西新宿エリアはとても整備された街並みだとわかります。

未明の西新宿

気が付いたら2時間ほど西新宿に滞在しており明け方4時ごろになってました。今回はコロナの影響で街全体が静かな時期でしたので、このような写真が撮れたのだと思います。一刻も早く事態が終息していただくことを願っております。

■■関連記事紹介

このサイトについて

このサイトについて

-#07 風景・写真 - Photo
-,

Copyright© ニコカメラ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.